炎症には保湿と冷却

炎症には保湿と冷却

炎症には保湿と冷却 エステサロンやクリニックで脱毛の施術を受けた直後は、肌に少しだけ赤みが生じることがあります。でもスタッフによるスキンケアやトリートメント、皮膚の冷却をすることで、帰ることには元の状態です。
施術当日やサロンやクリニック通いをするあいだ、いくつかの注意事項もありますが、特に施術当日は気を付けるべきことがたくさんあります。肉眼で見てわかりにくいものの、脱毛をした当日から翌日にかけて、皮膚の内部ではまだ炎症を起こしている状態です。
軽いやけどを内部では起こしているので、体温を上げる行動をしないようにします。施術後に温泉やプールへ出かけたり、スポーツジムで汗をかくような行動も厳禁です。体温の上昇をすることで、内部の炎症がさらに加速をするため、皮膚に赤みが生じたり、かゆみや心身が生じることもあります。
帰宅後に浴槽に浸かるのも控えるべき行為であり、当日はシャワーで軽く済ませて、保湿重視のスキンケアをすることです。

一時的な脱毛で起こるトラブルの種類と対処法

一時的な脱毛で起こるトラブルの種類と対処法 一時的な脱毛を行うと、埋没毛などのトラブルが起こることがあります。一度埋没毛になると表面に出てくるまでに時間がかかりますし、皮膚の下であっても目立ちますので見た目の問題で放置できないこともあります。
無理やり取り出そうとピンセットなどで処理する人もいますが、皮膚を傷つける恐れがありますので危険な行為です。炎症を起こして、その部分に色素沈着が発生することもありますし、腫れて熱を持つこともあります。
脱毛時に途中で切れてしまうことが主な原因になっていて、一時しのぎの方法では回避するのが困難です。
毛穴が開くトラブルもよく耳にします。無理やりムダ毛を引き抜いているのですから、負担がかかるのは当然のことです。毛根部分はとても健康で、伸びるための環境が整っている状態です。それを力づくで引っ張っているので、毛穴には負荷がかかって開いてしまいます。
処理後に収れん化粧水をよくつけておくと多少は軽減されますので、試してみましょう。