おすすめお肌のケア方法

おすすめお肌のケア方法

おすすめお肌のケア方法 脱毛をした後は肌がダメージを受けている状態のため、普段通りの肌ケアだけでは不十分ですし、きれいなお肌になりたいのに、カサカサ肌になってしまっては、意味がないですよね。脱毛をする際の正しいお肌のケア方法についてご紹介します。

・ワックス処理の場合
ワックス系は毛を抜く処理を行うので、毛根にダメージが発生するだけでなく、毛穴の周りの皮膚もワックスと一緒にはがされるので、赤みやかゆみが起こりやすくなります。また、毛が抜けた後の毛穴にばい菌がはいると、湿疹のようなブツブツができることもあるので注意が必要です。
ワックス系脱毛を行った後は、まず肌の鎮静を行います。鎮静ジェルや、水で冷やしたタオルなどをお肌に当てます。その後、保湿力の高いクリームで保湿を行います。油分が入っているものは肌荒れの原因になるので、オイル系のものは避けましょう。

・光処理、レーザー処理の場合
光やレーザーの処理では、毛根にあるメラニン色素に光を照射し、毛の組織を破壊します。強い光を当てるため、処理後の肌は軽いやけどと同じような状態になり、赤みや炎症が起こります。ほっておくと乾燥肌になってしまので、保湿力の高いクリームやオイルで保湿を心がけましょう。また、肌自体が敏感になっているため、1ヶ月程度は日焼け止めを使用し、強い日差しを避けて色素沈着を防ぎましょう。

カミソリ負けのトラブルを防ぐ

カミソリ負けのトラブルを防ぐ 脱毛の自己処理でカミソリを使用する場合によく起こるのが、カミソリ負けです。鳥肌のようにブツブツができたり、赤みやかゆみ、ヒリヒリとした痛みを感じることもあり、不快感を感じるものです。
カミソリを使った脱毛でトラブルに防ぐには、カミソリを1か月に2回ほど替えることがおすすめです。カミソリの刃には使用するうちに汚れや菌などが付着しています。汚れた刃を使い続けることで炎症などが起きやすくなります。特にお風呂など湿度や温度が高いところにカミソリを長時間置くと、刃についた菌が繁殖するだけでなくさびてしまい、お肌にあたるときの使用感にも影響します。カミソリを使って脱毛する前には、シェービングフォームやクリームなどを塗って刃の滑りを良くし、お肌へのダメージを少なくします。そして、清潔で新しいカミソリを使い、毛の流れに沿って優しく剃ります。どんなに切れ味の良いカミソリを使ったとしてもお肌には多少なりともダメージがあるため、保湿をするなどのケアが大切です。